初心者向けおすすめ記事

BIツール9つを目的別に徹底比較!各機能、特徴、料金などを網羅

公開日:2019/9/18
更新日: 2019/9/18
キーワード:BIツール 比較
文字数:7500(読み終わるまでおよそ10分)

この記事でわかること

  • データ統合やECサイトに活用できるBIツール
  • BIツール9つの各機能、特徴、相性の良い企業
  • 自社のニーズを満たせるBIツールの探し方3つ

はじめに

BIツールは、各ベンダーからさまざまなものが販売されています。

いずれも多様な機能を搭載していて、どれがいいか悩んでしまうもの。しかし、単に他社に人気という理由で選んではいけません。いざ導入したら使いづらかった、というケースは少なくないからです。

この記事では、おすすめのBIツールを目的別にご紹介しています。比較するときのポイントも解説しているので、迅速に使いやすいBIツールを導入するときに参考としてください。

なお、BIツールに関しては別の記事でも解説しているので、一緒に読んで知識を深めていただければと思います。

1.目的別!BIツール徹底比較

momo105さんによる写真ACからの写真 

早速、ここでは下記の目的別に、BIツールを比較していきましょう。

①基幹データの統合を行いたい
②ECやアプリ等、オンラインデータの分析をしたい
③分析をわかりやすく整理して施策に活かしたい

①基幹データの統合を行いたい

基幹データを行いたい場合、データをスムーズに集計できるBIツールを使うといいでしょう。

以下、おすすめの3種類です。

ツール名特徴
Dr.Sum利用者の要望に合わせて自由にデータ集計ができる
Data Knowledgeデータの集計や抽出が簡単操作で可能
b→dashデータの取得や統合をオールインワンで実行できる

Dr.Sum

機能特徴
・データ統合
・OLAP分析
・レポーティング
・膨大なデータを迅速に集計
・専門知識不要
・利用者増加による追加コスト発生なし
対応データ各種サポート
・ODBCのデータベース
・JDBCのデータベース
・Oracle Database
・Excel
・CSV
BIシステムサービス
製品導入支援サービス
セミナー
サポートサイト
インストールモバイル閲覧
要(一部)不可(使用バージョンにより可)
利用料無料期間
・Dr.Sum Ver.5.1:345万円~/1サーバー要問い合わせ

ウイングアーク1st株式会社が提供するBIツールです。各条件に応じて素早くデータを収集、統合ができ、ユーザー自らが的確な状況把握を行えます。

こんな企業におすすめ

・経営層、管理職層、業務担当者それぞれでデータを利用したい
・100億件を超えるデータを扱いたい
・IT部門の負担を減らしたい

Data Knowledge

機能特徴
・データ統合
・レポーティング
・データアクセス権限
・外部アプリとの連携
・統合したことがあるデータを自動で結合
・データを社内で共有・評価ができる
・レポートの出力数が豊富
対応データ各種サポート
・CSV
・SQLServer
・Oracle Database
・ODBC接続のデータベース
・問い合わせ窓口
(平日9:00~18:00)
サポート資料
インストールモバイル閲覧
不可
利用料無料期間
50万円~/1サーバー30日間

株式会社クロスユーアイエスが開発しているBIツールです。

異なるデータベースから特定の条件でデータを抽出できるだけでなく、解析のノウハウなどを社内で公開・共有できる機能を搭載。継続して使うことで、より迅速に課題の解決策を見つけられるようになります。

こんな企業におすすめ

・専門知識のない担当者にデータの検索や加工をさせたい
・コストを抑えたい
・社内全体の分析力を上げたい

b→dash

機能特徴
・データ統合
・ダッシュボード
・レポーティング
・データマーケティング用アプリ
・直感的なUI
・手厚いサポート
・多角的な分析
対応データ各種サポート
・Salesforce
・Youtube
・Googleスプレッドシート
・Public DMP
説明会開催
データマーケティングブックの配布
インストールモバイル閲覧
不要不可
利用料無料期間
要問い合わせ要問い合わせ

株式会社フロムスクラッチのBIツールです。複数の解析方法で、データをさまざまな角度で見れるのがポイント。マーケティングに必要な機能がひと通り揃っており、顧客への適切なアプローチを自動化できます。

こんな企業におすすめ

・担当者の勉強コストを最小限に抑えたい
・データ統合から施策の実行までをワンストップで行いたい

②ECやアプリ等、オンラインデータの分析をしたい

次にご紹介するのは、ECサイトやアプリなどのデータ分析に優れたBIツールです。

ツール名特徴
Qlik Sense独自システムによる高度な解析
MOTION BOARD高速処理によるリアルタイム分析
YellowfinAIによる自動分析で的確にアクションを起こせる

Qlik Sense

機能特徴
・データ統合
・AIレポーティング
・データマイニング
・OLAP分析
・ダッシュボード
・アクセス制限
・独自システムによるデータの自動統合
・動作が早い
・操作が簡単・拡張機能が豊富
対応データ各種サポート
・ODBCのデータベース
・OLEのデータベース
・REST準拠のデータソース
・Essbase
・Salesforce
・SAP NetWeaver
・Webサイト
・ローカルファイル
・ネットワークファイル
トレーニング
コミュニティ
インストールモバイル閲覧
要(一部)
利用料無料期間
・Qlik Sense Business
要問い合わせ
・Qlik Sense Enterprise
要問い合わせ
・Qlik Sense Business:30日間
・Qlik Sense Desktop:制限なし

アメリカのQlikが開発したBIツールです。独自システムで異なるデータソースを統合し、解析結果を迅速にビジュアライズできます。

こんな企業におすすめ

・数種類のデータソースを統合したい
・特定のデータ解析を定期的に行いたい
・見栄えのいいダッシュボードを専門知識なしで作りたい

MOTION BOARD

機能特徴
・データ統合
・地図機能
・OLAP分析
・ダッシュボード
・R言語対応
・リアルタイムでデータ監視できる
・マウス操作でOK
・チャートが豊富
対応データ各種サポート
・MySQL
・Oracle Database
・Enterprise Database
・Greenplum
・Dr.Sum
・Google Analytics
・Google Drive for Work
・Excel
・CSV
・問い合わせ窓口(平日9:00~17:30)
掲示板
活用定着化支援サービス
インストールモバイル閲覧
要(一部)
利用料無料期間
・MotionBoard Cloud Standard Edition
3万円~/10ユーザー

・MotionBoard Cloud Professional Edition
6万円~/10ユーザー

・MotionBoard Cloud IoT Edition
9万円~/10ユーザー

・MotionBoard パッケージ版
要問い合わせ
・MotionBoard for Dr.Sum パッケージ版:要問い合わせ
1か月間

ウイングアーク1st株式会社のBIツールです。データと地図情報を連携させながら解析できる、独自のリアルタイムGEOコーディングエンジンを搭載しています。

こんな企業におすすめ

・テンプレートを使って情報を見やすくまとめたい
・業績を社内で共有して現場を活性化させたい
・稼働状況をリアルタイムに把握したい

Yellowfin

機能特徴
・データ統合
・OLAP分析
・レポーティング
・ダッシュボード
・アクセス権限
・AIによる最適結果の導出
・情報共有に便利なストーリー機能搭載
・独自のシグナル機能で重要な情報だけをアラート
・強固なセキュリティ
対応データ各種サポート
・JDBCのデータベース
・クラウドDWH
・XMLAデータソース
・CSV
・Webアプリ
マニュアル
コミュニティ
インストールモバイル閲覧
要(一部)
利用料無料期間
・ユーザーライセンス
5ユーザー/ 年額41万2500円
25ユーザー/ 年額137万5000円

・スターターパック
(5ユーザー+3日間の集合研修)
37万8000円
※次年度以降41万2500円

・サーバーライセンス
年額800万円
30日間

Yellowfinが開発したBIツールです。AIを搭載したダッシュボードで、質問をすれば自動的に適切な解析結果を出してくれます。コメントやフィードバック機能があり、次のアクションに繋げやすいのも特徴です。

こんな企業におすすめ

・機密情報を扱いたい
・導入コストをできる限り抑えたい
・クラウドサービスと連携させたい

③分析をわかりやすく整理して施策に活かしたい

最後に分析結果を施策に活かせるBIツールをご紹介します。

以下は、ダッシュボードのビジュアル性能が高い3つです。

ツール名特徴
Tableauメッセージ性のあるダッシュボードが作成可能
Actionista!国産ならではのサポートで使いやすい
LaKeel BIオールインワンパッケージでスムーズにアクション実行

Tableau

機能特徴
・データ統合
・OLAP機能
・レポーティング
・ダッシュボード
・アクセス権限
・豊富なデータ表現力
・導入から使い始めまでの手間がない
・ドラッグ&ドロップで操作可能
対応データ各種サポート
・Google 広告
・Google アナリティクス
・Google スプレッドシート
・Excel
・csv
・OneDrive
・MySQL
・Oracle Database
・Webデータ
無料トレーニングビデオ
コンサルティングサービス
製品別サポート
インストールモバイル閲覧
要(一部)
利用料無料期間
・Tableau Creator
年額10万2000円/1ユーザー

・Tableau Explorer
年額1万1000円/1ユーザー

Tableau Viewer
年額1万8000円/1ユーザー
14日間

国内外で幅広く使われているBIツールです。ダッシュボードの細かな色使いやグラフの配置などを、マウス操作で簡単に変更できます。

こんな企業におすすめ

・視認性に優れたダッシュボードを作りたい
・各現場にデータの重要性を理解してもらいたい
・学習コストをかける余裕がない

Actionista!

機能特徴
・データ統合
・OLAP分析
・レポーティング
・ダッシュボード
・アクセス権限
・ノンプログラミングで使える
・操作しやすいコンパクト画面
・テンプレートあり
・ライセンスひとつで社内全員が共有可能
対応データ各種サポート
要問い合わせ無料セミナー
マンガ解説
・問い合わせ窓口(平日9:30~18:00)
インストールモバイル閲覧
利用料無料期間
・Basic Edition
820万円~

・Workgroup Edition
要問い合わせ

・Enterprise Edition
要問い合わせ
なし

株式会社ジャストシステムのBIツールです。プログラミング知識がなくてもABC分析やZチャートなど、高度な分析ができます。テンプレートやガイド機能、サポートも充実していて、初心者でもすぐに使いこなせるのが特徴です。

こんな企業におすすめ

・BIツールを初めて導入する
・料金を安く済ませたい
・社内の各人間がデータ分析できるようになってもらいたい

LaKeel BI

機能特徴
・データ統合
・データ分析
・レポーティング
・ダッシュボード
・オールインワンですぐに利用できる
・テンプレート充実
・セミナーやサポート資料が多数
対応データ各種サポート
・Excel
・各種DWH
FAQ
セミナー
入門講座
導入事例集
BI導入チェックシート
インストールモバイル閲覧
利用料無料期間
要問い合わせ要問い合わせ

株式会社レジェンド・アプリケーションズのBIツール。Excelに近い操作感で扱えるのが特徴です。数十種類のテンプレートが用意されていて、データを取り込めば即座に高度な分析ができます。一般ユーザーから専門知識を持つユーザーまで使いやすいのが魅力です。

こんな企業におすすめ

・社内の人間の知識レベルがバラバラ
・とにかく簡単・手軽に導入したい
・各部署の勤務状況を共有して業務の効率化を図りたい

2.BIツール選びで意識したいポイント

studiographicさんによる写真ACからの写真 

BIツールは、目的別で探すのが有効です。

しかしBIツールに何を求めているかは、現場の数だけ違うもの。

そのため選ぶ際には

①使用者の意見に耳を傾ける
②使用者の知識・経験を把握する
③ニーズに合ったBIツールを選ぶ

ことがポイントです。以下に詳しく説明します。

①使用者の意見に耳を傾ける

まずは、実際にBIツールを使う利用者に耳を傾けましょう。社内全体で活用するなら、経営層から各部署の担当者までヒアリングしてください。

BIツールは導入目的が曖昧だと、ユーザーに「これを使って意味あるのかな……」と思われやすく、すぐに使われなくなる危険性があるためです。

②使用者の知識・経験を把握する

ヒアリングと一緒に、データ分析に慣れているのか、プログラミング言語の知識はあるのかなども確認してください。知識を共有し、使用者が限定されないようにすることも重要です。

③ニーズに合ったBIツールを選ぶ

目的、ニーズに合ったツール選びが大切です。

下記にツール選びのポイントとなる項目をまとめましたので、検討時に役立ててみてください。

チェック項目概要
データソースの種類現場のニーズを満たすための自社データが、BIツールと連携できるかチェック。
差し替えや、連携の手順が簡単かどうかもポイント。
利用タイプクラウド型は安価で導入でき、インターネットさえあればアクセスできる点が魅力。
自社内にシステムを設置するオンプレミス型は、カスタマイズ性や安全性の高さがメリット。
コスト業務で使用する人の人数と価格が見合っているか確認する。
ユーザーが大幅に増える予定があるなら、サーバーライセンスタイプの方がコストを抑えられることも。
操作性BIツールの利用経験が少ない場合は、下記をチェック。

・マウス操作ができるか
・日本語に対応しているか
・モバイルでの閲覧は可能か
・色の変更やグラフの配置は自由にできるか
・チャートやテンプレートの種類は豊富か

3.まとめ

  • 本記事で紹介したBIツールまとめ
ツール名特徴こんな時におすすめ
Dr.Sum・膨大なデータを迅速に集計
・専門知識不要
・ユーザー増加による追加コスト発生なし
・経営層、管理職層、業務担当者それぞれでデータを利用したい
・100億件を超えるデータを扱いたい
・IT部門の負担を減らしたい
Data Knowledge・統合したことがあるデータを自動で結合
・データを社内で共有・評価ができる
・レポートの出力数が豊富
・専門知識のない担当者にデータの検索や加工をさせたい
・コストを抑えたい
・社内全体の分析力を上げたい
b→dash

・直感的なUI
・手厚いサポート
・多角的な分析
・担当者の勉強コストを最小限に抑えたい
・データ統合から施策の実行までをワンストップで行いたい
Qlik Sense・独自システムによるデータの自動統合
・動作が早い
・操作が簡単
・拡張機能が豊富
・数種類のデータソースを統合したい
・特定のデータ解析を定期的に行いたい
・見栄えのいいダッシュボードを専門知識なしで作りたい
MOTION BOARD・リアルタイムでデータ監視できる
・マウス操作でOK
・チャートが豊富
・テンプレートを使って情報を見やすくまとめたい
・業績を社内で共有して現場を活性化させたい
・稼働状況をリアルタイムに把握したい
Yellowfin・AIによる最適結果の導出
・情報共有に便利なストーリー機能搭載
・独自のシグナル機能で重要な情報だけをアラート
・強固なセキュリティ
・機密情報を扱いたい
・導入コストをできる限り抑えたい
・クラウドサービスと連携させたい
Tableau・豊富なデータ表現力
・導入から使い始めまでの手間がない
・ドラッグ&ドロップで操作可能
・視認性に優れたダッシュボードを作りたい
・各現場にデータの重要性を理解してもらいたい
・学習コストをかける余裕がない
Actionista!・ノンプログラミングで使える
・操作しやすいコンパクト画面
・テンプレートあり
・ライセンスひとつで社内全員が共有可能
・BIツールを初めて導入する
・料金を安く済ませたい
・社内の各人間がデータ分析できるようになってもらいたい
LaKeel BI・オールインワンですぐに利用できる
・テンプレート充実
・セミナーやサポート資料が多数
・社内の人間の知識レベルがバラバラ
・とにかく簡単・手軽に導入したい
・各部署の勤務状況を共有して業務の効率化を図りたい

おわりに

今回ピックアップしたBIツールの情報は、場合によって変わる可能性があります。あくまで参考に留め、気になるものは直接問い合わせてみましょう。

また、他の記事でも、おすすめのBIツールや選び方を紹介しているので、合わせて参考にしてみてください。

ABOUT ME
北爪 聖也
ダメ営業マンからデータサイエンティストへキャリアチェンジ。 技術とビジネスサイドの橋渡しが出来るため、ダメ営業マンの経験も役に立ちました。 広告代理店ADKにて3年勤務→データ分析受託の会社DATUM STUDIOにて1.2年勤務後、独立。
データサイエンスの仕事に興味がある方!

株式会社piponではデータサイエンティストの方々へお仕事をご紹介しております。

もし、仕事にご興味ある方がいらっしゃいましたらこちらのフォームよりご連絡頂けると嬉しいです。

また、「未経験から転職して1年で身につけたスキルで月収25万円の副業を得るまで」という記事を有料noteとして出していますので、興味ある方は購入いただけると嬉しいです!